FC2ブログ

ウッドストック エンターテインメント

特別な車を持つこと、それは人生の歓び、楽しさ、新たな発見と出会うことかもしれません。 私たちの願いはそれをお手伝いすることです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サルヴァトーレ・クオモ(SALVATORE CUOMO JAPAN代表取締役社長 兼 総料理長)イタリアン料理界の巨匠、サルヴァトーレ・クオモ氏がクルマを料理!?

サルヴァトーレ・クオモ(SALVATORE CUOMO JAPAN代表取締役社長 兼 総料理長)イタリアン料理界の巨匠、サルヴァトーレ・クオモ氏がクルマを料理!?

「実は今日はディナーを食べに来たんだよね」  コンチネンタルGTを前に話し出したサルヴァトーレさん。 ナポリピッツァを日本に広めた有名なイタリアングランシェフである。 「ピッツァに生まれ、ピッツァに死にたい」と自身のホームページで語る情熱的なシェフの車選びとは・・・?

ベントレーのコンチネンタルGTが最近の車の中では僕の一番のお気に入りだね。
車って走りを楽しむのも魅力のひとつだけどそれは魅力の一部でしかないよね。
だって運転している人はいいけど、一緒に乗っている人はスピードだけ速くても楽しくないと思うよ。
僕は運転をしないからよりそう感じるのかも知れないけどね。
僕のつくるピッツァもそう。自分だけ満足すればなんて考えられないよ!
一緒に食べてくれる人の喜びを感じられるのが一番なんだ。

僕の車選びも一緒だね。
車に乗せてもらって出かけるときとかやっぱり一緒に乗っているみんなに喜んでもらえる車選びをしたいよ。料理も同じ。 同じテーブルを囲んでいる人みんなに喜んで食べてもらえるのが僕の喜びだし、誇りなんだ。
僕は車に乗せてもらう前に外観より車の室内をすごく気にするんだけど、そんな目で見るとコンチネンタルGTは僕のお店の室内やテーブルと同じだよ。ものすごく速い車だけど、室内は快適で上品だし、急いでるときもゆったりとした気分で出かけられる、まるで自分の部屋にいるような感覚の車だよ。
それにエンジンの力強さ、室内の良さ、安心して走れるAWDのシステム、品が良くて質のいい車内の空間、いろんな装備を詰め込んでいて、高い車だけどコストパフォーマンスも僕の中では一番の車かな。

えっ、僕の母国イタリアの車?う~ん、情熱的でスピードをだして走るのは楽しいよね。
でもちょっと疲れるかな・・・。 ほら情熱的な女性は大好きだけど一緒にいる時間が長いと・・・。 なんて言ったら僕のファンの女の人に怒られるね。(笑い) 今は車の速さよりこういう心のこもった車がすごく気になってる。

今日は突然ふらっとウッドストックの東京ショールームに来たんだけど、 スタッフのみんながいつ来ても心のこもった接客をしてくれるからすごくうれしいよね。
ぼくの好きな車たちがいつもきれいに並んでて、見てるだけで楽しくなるよ。 好きな車を見るときにはいつもこんなくつろいだ雰囲気が僕は大好きなんだ…

サルヴァトーレ・クオモ氏(SALVATORE CUOMO JAPAN代表取締役社長 兼 総料理長)サルヴァトーレ・クオモ(SALVATORE CUOMO JAPAN代表取締役社長 兼 総料理長)
>>SALVATORE CUOMO JAPANホームページ
1972年7月14日イタリア・ナポリ生まれ。
料理人だった父の影響で、11歳の時に料理の道を志し、伯父のレストランに入門。日本とイタリアを行き来しつつ修行を重ねる。
そして、父から学び、受け継いだ本場ナポリの味”ナポリピッツァ”を日本で一躍有名にした功労者となる。ナポリで開催された2006ピッツァ世界コンペティションでは、 最優秀賞受賞、最近イタリア政府よりイタリア食文化アジア地区大使に 任命され、その活躍がますます期待される。
料理において、常にナンバーワンではなくオンリーワンであることを目指している。

<経歴>
1972年 イタリア・ナポリに生まれる。
1988年 16歳。父の店を手伝うため来日。
1991年 株式会社ゼックス入社
2000年 Salvatore Cuomo Bros.総料理長
2002年 株式会社ワイズテーブルコーポレーション入社
     イタリア調理師協会名誉会員就任
2003年 株式会社ワイズテーブルコーポレーション 取締役就任
2005年 株式会社SALVATORE CUOMO JAPAN 代表取締役就任
スポンサーサイト

テーマ:国産車・外国車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/12/25(月) 16:53:00|
  2. スペシャルインタビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岸田一郎(LEON創刊編集長/男性向けライフスタイル・ウェブマガジン「@Zino」編集長)「貫禄オヤジの賢いクルマ選び」

岸田一郎(LEON創刊編集長/男性向けライフスタイル・ウェブマガジン「@Zino」編集長)「貫禄オヤジの賢いクルマ選び」

岸田一郎氏(LEON創刊編集長)クルマもスペックだけでなくセンスで選ぶ時代です
 昔からクルマは大好きで、いままでもいろいろと乗り換えてきました。それが高じて、メンズの情報誌(Begin 世界文化社刊)を立ち上げたあと、自動車雑誌(Car Ex 同社刊)までつくったほどです(笑)。旧いクルマも好きで、かつてはクラシック・ミニで筑波のヒストリックカーレースに参戦したりして……。

 そんな経験値からいわせていただくと、新車の場合、いろいろと経済的な理由もあるでしょうが、変に妥協して安いグレードを買うことはオススメしません。というのも、安いグレードは売るときも安いからです。例えば、セダンよりもワゴン、もしくはカブリオレの方がご承知のとおり設定価格は高くなります。ですが、売るときも明らかに高く売れます。当たり前のようですが、これは大事なことです。もちろん、本当に欲しければの話で、無理矢理という意味ではなく、妥協をしないということです。

 それから、常々口にしていることですが、もはやクルマもセンスで選ぶ時代。スペックだけで勝負する時代は終わりました。服と同じで、自分のライフスタイルに合った選びがカギとなります。クルマに対するプライオリティだけが極端に高いと、がんばってる感が強くて、まわりから見てもあまりいい印象は与えませんね。バランスが大切だと思います。そのほうが好印象だし、かっこいい。

 中古車に関しては、最近はクルマ自体のクォリティが上がり、昔のような線引きは薄れたと思われます。その意味ではコストパフォーマンスは極めて高いでしょう。また、利点としては、ニューモデルを世間で評価された後に買えるというメリットがあります。実際に乗られている方の生の声は信用できますから。それから、値段がこなれてくれば、ファッション同様着替えるように乗り換えることも可能でしょう。もちろん、春夏から秋冬モノというわけにはいきませんが(笑)。そんなライフスタイルがあってもいいんじゃないでしょうか……。

岸田一郎氏(LEON創刊編集長/男性向けライフスタイル・ウェブマガジン「@Zino」編集長)岸田一郎(LEON創刊編集長/男性向けライフスタイル・ウェブマガジン「@Zino」編集長)

1951年大阪市生まれ。日本大学卒業後、一時フリーライターとして活動した後、「BIGMAN」の創刊に参画するために世界文化社に入社。1989年、編集長として「Begin」を創刊。大ヒットさせる。世界文化社ではその後も創刊編集長として「Car Ex」「Men's Ex」「時計Begin」といった雑誌を立ち上げる。2000年暮れに主婦と生活社に移籍。2001年9月「LEON」を創刊。男性向けのライフスタイル誌としては未曽有のヒット作に育て上げる。
2004年11月、女性誌「NIKITA」創刊。2006年8月、主婦と生活社退社。
2006年9月1日、株式会社KI & Company 設立社長に就任。

現在、本年11月に男性向けライフスタイル・ウェブマガジン、「@Zino(アット・ジーノ)」を、来年3月に男性向けライフスタイル誌、「Zino(ジーノ)」を、各々立ち上げるため日々奮闘中。趣味はゴルフ、サーフィン、犬の散歩、著書に「LEONの秘密と舞台裏」(ソフトバンクパブリッシング刊)がある。
●クルマ遍歴:ロータス・エラン、ポルシェ911カレラ(964型)、ルノー・アルピーヌV6ターボ、ゴルフGTD、メルセデス・ベンツ・ステーションワゴン(123型、124型、211型)他多数。現在はポルシェ911タルガ(993型)、スマート・ブラバス。近々メルセデス・ベンツE320CDIワゴンを購入予定。

テーマ:国産車・外国車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/11/16(木) 16:58:12|
  2. スペシャルインタビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。